NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ:美術・絵画 > 南天荘画廊

阪神淡路大震災のチャリティとして毎年
1月17日前後から神戸市東灘区御影中町の
南天荘画廊で開催される「白の会」企画展。

今年は1月22日(月)〜28日(日)の期間(25休)の
11時〜17時で能登半島地震への想いも併せて
になりますが… 私は24日(水)の16時頃〜在廊。

絵画・陶芸・工芸・書籍・装飾品などの展示
即売… 常連の著名作家さんの作品群にご注目
ご鑑賞のみで有り難く…ぜひお越しください。

私「NP全作品三点限定凡てチャリティ」として

句集『蒼穹』『朱華』
文芸同人誌『NP創刊0号』『NP第1号』
俳句雑誌『奎』冬号(バックナンバーも)
冊子『蒼穹全句自己解題』『過客』(ネット句会誌)
リーフレット『宮沢賢治全句と神戸ゆかりのNP句』
      『欠片Kakera』(俳句付け句の短歌集)
色紙短冊飾り「白」「阪神淡路大震災」「2024」

等など… すべて各々三点限りで出品しております。

標題句は「白の会」を晩冬の季語としていますが
【春来(きた)る白の会より発信す】という季重なり
短冊句も過年度作品にあり… 最早俳句の体を成さず
【大寒の候には春を待つばかり】の思いは確かです。







通算23回目の「伊集院静」さん登場記事は
未公開のまま当ブログの記事一覧に眠って
いました… 謹んで哀悼の意と共に届けます。

大好きな作家さんのひとりでした。

『ミチクサ先生』を連載の時には
当時の職場に届く日経新聞が毎朝
とてもとても楽しみでした… 合掌。


【真冬なる受け月伊集院静
   訃報を聞くも大人の流儀】


直木賞受賞作『受け月』
シリーズ購読中『大人の流儀』
を読んで偲びます。


***************


《鑑賞型  付句集『欠片』2023nantensobooks展 回顧》
(2023年11月2日am0:14、下書きのままの標題)

上の句は俳句
下の句を付けて短歌


今展では短歌集は間に合わず
「付句集」として創作温めて
新たに発表の形や時を模索中。

なお、当ブログの親カテゴリーの
「美術・絵画」下に子カテゴリー
「南天荘画廊」を新設しました。

カテゴリー多過ぎ❢ タイトル長過ぎ❢
(シンガポール在住の教え子HTくん)
という声に真っ向から「挑む」歌です。



【春】

春風にレゾンデートル春生展
   吹かれるままに女神モティーフ
(『石阪春生 画集』小磯記念美術館)


3.11トム・ハンクスをみて祈る
   オットーという男になって
(『オットーという男』トム・ハンクス)


春宵のクラリネットの三重奏
   ひと恋しき其の刻限に流れ  
(「ブラームス・クラリネット三重奏」井上春緒)


【夏】

無人島にひとつだけ夏への扉
   持ってゆくもうひとつは希望
(『夏への扉』ロバート・A・ハインライン)


オリーブのカフェテラスには初夏の風
   道草をして先生の話
(『ミチクサ先生』伊集院静)


めくるめく英の彩り夏のあお
   空色のあお海色のあお
(「三つの百景展」川西英)


【秋】

流星を三顧の礼のようにみる
   水墨画なる映画のなかに
(『線は、僕を描く』横浜流星)


色無き風軍艦島に再上陸
   世界遺産の崩れるままに
(「長崎県端島」クルーズ再開)


N700Sに乗るような鱗雲
   おうい雲よどこまでゆくんだ
(「雲」山村暮鳥)


菊の声聞く少納言そこにいて
   九月九日花のギャラリー
(『枕草子』清少納言)


文化の日前夜サムライ噺きく
   まるで笑いの高潔のごと
(「文化庁芸術祭賞大賞・井戸の茶碗」林家菊丸)


【冬】

音楽院のラフマニノフ像雪払う
   留学生にも戦火は近く
(『ショパン3月号・エッセイ』杉本沙織)


117いのちはいのり生きてこそ
   今此処にあれ慰霊碑の前
(「慰霊の日2023年被災者代表挨拶」)



対コロナ冬開戦の内科医師
         機械仕掛けの太陽に挑む
(『機械仕掛けの太陽』知念実希人)


海近き神戸日展冬日和

   山仰ぎみる牧水の歌

(「山を見よ」若山牧水) 


文学と美術の硲春隣
   横尾忠則ホラー画ののち
(「恐怖の館展」横尾忠則現代美術館)


一部300円すべて手描きの限定8部です。
(A4四色画用紙4枚の二つ折リーフレット16頁)


上の句(五七五)が俳句
下の句(七七)を付けて短歌

五七五七七の一句
それを「付句」と名付けています。

今回は文学・美術・映画・落語・音楽 などの
芸術作品やアーティストがモティーフです…
まつわる本・冊子・パンフ・チケット等展示。

更に、ハードカバー初版・帯付きの十数冊 
(伊坂幸太郎・知念実希人など美本)すべて
定価の半額で古本市用に提供しています。


7日(火)〜12日(日)
神戸市東灘区御影中町
南天荘画廊にて神戸文化祭の一環として
また中二生のトライやるウィークとして
展開中の企画展で、本・冊子・作品多々。



ぜひともお越しくださいませ、ご高覧を。
NP出品以外は画像無しです、お楽しみに。


上の句のみ、ふたつご披露します。

【文化の日前夜サムライ噺きく】

【音楽院のラフマニノフ像雪払う】


林家菊丸師匠は『NP第1号』(11月28日刊行間近)に
枕噺をご寄稿戴きました… ありがとうございます。

ピアニスト杉本沙織さんは同2号にエッセイ依頼中
…モスクワ音楽院に連邦政府国費留学中のかたです。


1000006425
1000006426
1000006427

このページのトップヘ